2008年01月19日

SambaプロジェクトがWindowsプロトコル文書を提供


Sambaプロジェクトが、SFLC(Software Freedom Law Center)とFSFE(Free Software Foundation Europe)からの協力を得てプロトコルの文書を取得できるようにするための契約の成立にこぎつけ、さらに、ほかのフリーソフトウェアプロジェクトにも文書を利用可能にするためのPFIF(Protocol Freedom Information Foundation)を新たに設立した。

[Sambaプロジェクト]
http://samba.org/

[契約書本文]
http://samba.org/samba/PFIF/PFIF_agreement.pdf


無料メルマガ「WEB2.0だけでは儲からない!稼ぐビジネスの極意とは!?」
E-MailPowered byまぐまぐ
バックナンバー

posted by web2.0 at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79476435

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。